International Press-in Association
国際圧入学会オンラインコミュニティーサイト

圧入工学‐理論と実践を融合した実証科学アプローチで、地中の真実の解明に挑む

国土交通省会見室において、IPAの創設に関する記者会見を開催

左から田中監事、北村名誉会長、奥村事務局長
開催日:
2007年10月10日(水)
15:00-15:30
開催地:
国土交通省会見室
千代田区霞が関2-1-3
中央合同庁舎3号館5階
主催:
国際圧入学会
出席者:
事務局長
奥村 忠彦
名誉会長
北村 精男
監事
田中 孝明
テーマ:
「環境共生型の建設をめざし
国際圧入学会が発足」
PDF 712KB 2ページ
ニュースリリース・ダウンロード IPA07NW002JA )

10月10日、国土交通省会見室において、IPAの創設に関する記者会見を開催しました。会員が400名を超え、運営の土台が固まったためです。

会見では、奥村事務局長が進行とプレゼンテーションを行い、大手新聞社や専門紙の記者に対し、学会の創設と活動内容、及び圧入工法に関する説明と質疑応答を30分間にわたり行いました。

今回、この会場において記者会見を開催できたことは、本学会が公的な国際学術団体として認められた証しと言えます。圧入工学を推進する自立した機関として、第一歩を力強く踏み出すことができました。

記者会見の模様
配布資料 PDF 119KB 2ページ プレゼンテーション PDF 9.1MB 14ページ
画像1 729KB 画像2 737KB 画像3 493KB 画像4 1.5MB 画像5 1.3MB 画像6 1.2MB