International Press-in Association
国際圧入学会オンラインコミュニティーサイト

圧入工学‐理論と実践を融合した実証科学アプローチで、地中の真実の解明に挑む

研究委員会活動: 第3回IPA研究助成賞受賞者「東京大学 内村准教授」と情報交換会を実施

第3回IPA研究助成賞受賞者「東京大学 内村准教授」と情報交換会を実施

(後列左より)真壁氏、多賀谷委員長、飯塚委員
(前列左より)内村准教授、奥村事務局長

第3回IPA研究助成賞の受賞者である東京大学内村准教授と研究委員会による情報交換会が実施されました。

当日は、内村准教授からの模型実験装置、模型実験の留意点、実験の変動因子等についての説明をもとに議論がなされ、研究委員会委員からは実際の現場と模型実験の関係性等に関するアドバイスがありました。

「現場の問題を学問で解決する、学問の理論を現場の技術に実用化する」という当学会の研究活動の好例として、研究成果が期待されます。

第3回IPA研究助成賞受賞者「東京大学 内村准教授」と情報交換会を実施

内村准教授による模型実験装置の説明

開催日時:
2011年10月5日(火)10:00-12:00
会場:
東京大学 土質/地盤研究室
東京都文京区本郷7-3-1
出席者:
6名
  • (研究助成賞受賞者)
  • 東京大学 内村 太郎 准教授
  • 東京大学 真壁 央稔 大学院生
  • (研究委員会)
  • 研究委員会 多賀谷 宏三 委員長
  • 研究委員会 飯塚 武彦 委員
  • IPA理事会 奥村 忠彦 事務局長
  • IPA事務局 南 睦美 事務局員